妻には内緒の風俗

似ているということは、燃えるということ

風俗嬢を選ぶ基準は、スタイルやルックスはさておき、自分の知っている人に似ているのかどうかなんです(笑)ある意味、これがもっとも自分の気持ちを高めてくれるものなんじゃないかなって思うんですよね。だって似ているってことは、やっぱり錯覚しちゃうじゃないですか。この前なんて会社の隣のデスクの後輩に似ている風俗嬢だったんですよ。さすがにいつも以上に燃えましたね(笑)しかも似ている分、プレイも燃えましたけど、その後会社で後輩と顔を合わせる度にあの日のプレイを思い出してしまうんです。後輩からすれば別に何も関係ない話なのに、こっちだけ興奮しているんです。こうしていろいろなことを楽しめるのもまた、風俗の楽しさの一つでもあるんじゃないかなって思っていますし、それに似ている子を見かけた方が、結局は自分の中でいろいろな気持ちが芽生えることにもなるんですよね。だから風俗は「知り合いに似ているのかどうか」が基準なんです。

頭じゃなく、体で覚えます

どれだけ楽しめるのかの一つに、風俗での経験もあると思うんですよ。それは決して風俗嬢だけじゃなくてお客としての経験値もあると思うんですけど、やっぱりそれは頭じゃなく体で覚えたものですよね。頭だけで覚えるのであれば、それこそいつでも覚えられるんです。インターネットでちょっと情報収集すれば簡単にいろいろなことが分かりますけど、それはまだまだ頭の中だけでの理解じゃないですか。本当に理解するためには体そのもので覚える必要があると思うんですよ。つまりは実際に経験してみないと分からないってことですね。それが分かるようになってくると、自分でももっともっと風俗が楽しい時間になるんじゃないかなって思いますね。ホームページでもそうです。よく分からない時と、何となくどんなものなのかが分かっている時とではどこを見るべきなのかも変わってくると思いますし、よりリアルな情報を抽出出来るようになるので、やっぱり経験は大切です。