妻には内緒の風俗

今だからこそという話かも

若い時は風俗には全然興味はありませんでした。それがです。年齢と共にどんどん風俗への興味が高まって行って、今では遅ればせながら自分に青春時代が戻ってきたかのように楽しんでいます。なんでなのかまでは自分でも分かりませんけど、最近では風俗のポータルサイトを見ている時間が長くなっていますし、それぞれのホームページを見比べてお店としてのレベルを窺っています。それなりにマニアのような雰囲気になってきたんじゃないかなって自分でも思うんですよね(笑)もちろん選ぶだけではなく、女の子との時間もとっても楽しいです。上手く言葉にすることは出来ないんですけど、若い女の子との時間は非日常感に溢れているような気がするんですよ。そのおかげで自分自身、「週末の風俗まで頑張ろう」とか生活の中で張りになっている部分もあるんですよね。だから風俗は無くてはならないものになっていると言っても過言ではないほど、重要なものなんですよ(笑)

冷静に考えることもまた、大切

風俗は勢いが大切なのはよく分かっていますけど、でも勢いに頼らないプレイもまた、大きな満足感をもたらしてくれるんじゃないかなって思うんですよね。特に思うのは、テンションを高めて楽しむのではなく、低いテンションでも楽しいなって思えるような風俗嬢こそ、自分にぴったりの子なんだろうなって。無理をして頑張って相手と一緒に楽しむのではなくて、自分の素のテンションでも楽しめるような女の子こそが自分にとっての理想の子だと思うので、ちょっとテンションが低めの子の方が好きなんですよね。いつも冷静というか、声もちょっと低いくらいがいいんです。落ち着きがあって、でも別に楽しい時には笑ってくれるような、そんなタイプの風俗嬢が好みなんですよ。でも、それだけのことを風俗のホームページだけで見極めるのは難しいので、ある程度は運に委ねるしかないですよね。それさえ分かれば、後は別にそこまで大変なことではないのかなって思いますけど。