妻には内緒の風俗

微乳だったのがむしろ良かった

Uちゃんというデリヘル嬢はとっても美人でした。彼女が在籍しているお店のホームページで彼女を見つけた時、思わず二度見してしまいましたよね(笑)おそらくこれまでの風俗で出会った女の子の中でもトップクラスであろうビジュアル。これは素晴らしいって自分で思ったくらいだったんですけど、彼女は美人で細いしだったんですけど、微乳だったんです。当初はそこでどうしようかなって悩んだんですよ。やっぱり風俗なら巨乳の方が良いかなって。せっかくなんです。大は小を兼ねるって言葉もあるように、大きい方が結局は満足出来るだろうって思っていたんですよね。でも実際に彼女を指名して良かったです。むしろ微乳だったのが良かったんですよ。とっても敏感なので攻め甲斐があるなと(笑)いつもはそこまで風俗嬢を攻める訳じゃないんですけど、彼女相手には攻めないと勿体ないって思ったほど。微乳で美人。この組み合わせはかなり良いかもなって思いましたね。

距離感の問題はどうしても出てくる

どういった距離感なのかによって、風俗の楽しさって変わってくると思うんですよ。それは風俗と言うジャンルそのものとの距離感の問題もありますし、女の子との距離感もありますよね。これらを意識することによって、より楽しい世界になるって思うんですよね。近すぎず、かといって遠すぎず。それくらいの距離感が理想なんじゃないかなって思っていますけど、実際の所はどうなるのか自分でも蓋を開けてみないと分からない部分ではありますよね。なぜなら、結局の所風俗って「生もの」だと思うんですよ。同じ女の子を相手にしたとしても、毎回同じ展開や同じ気持ちになる訳じゃないんです。その時のシチュエーションとか、後は双方のコンディションの問題もありますよね。女の子にとってその日の初めてのお客なのか、それともとっても忙しくて何人目なのか分からない状況なのかによっても女の子の体力に違いが出ますしね。それらを含めて、トータルで考えることも大切かなと。