妻には内緒の風俗

一枚持っておくべきだとは思ったかな

社会人になったら身だしなみにも気を付けるようにと言われていました。学生時代なんて、それこそ寝起きのまま行ったところで誰かに笑われる程度ですけど、社会人ともなればそうもいかないじゃないですか。鞄、靴、時計。別に高級品で揃えている訳じゃないですけど、汚れがないかとか、その点は気にするようになりました。それにクレジットカードを持つようにもなったんですけど、意外なところで役立ったんですよ。それは風俗です(笑)この前ふと抜きたい気分になったんですけど、財布を見たらお金が入っていなかったんです。だから諦めようかなと思ったものの、残業もなかったし休前日。こんなシチュエーション、次はいつ来るのか分からないよなって思いもあったんです。そこでいろいろと見ていたら、クレジットカードが使える風俗も結構増えているんですよね。本当に使えるのか半信半疑でしたけど、とりあえずお店に行って聞いてみると問題ないと。だから助かりました(笑)

充実の影で支えてくれているもの

これだけ充実した生活を送れている陰には風俗の存在があるんですよ。辛い時に行けば慰めてもらえますし、ストレスが溜まっているなって時に足を運べな精神的にすっきりするし。久しく女の子と遊んでいないなって時には言うまでもなく女の子としっかりと楽しめるじゃないですか。こうしていろいろな気持ちに応じて楽しめることこそ、風俗の魅力と言っても過言ではないとともに、様々なシチュエーションで楽しめる汎用性もまた、風俗の魅力でもあるんじゃないですかね。そこに女の子がいて、女の子が自分のために頑張ってくれているというその事実。これこそが風俗だからこその魅力と言っても決して過言ではないんじゃないですかね(笑)それに、こういったいわば心の拠り所があるからこそ、どんな状況になっても良いかなって思える自分がいるんですよ。普通は失敗したくないって思いますけど、失敗して怒られたら風俗で慰めてもらえばよいしなって気持ちになれるんです。